蛮族 読書漂流記

蛮族 狩男が読書と映画と音楽の世界で迷いまくる七転八倒の日記だよ

スポンサーサイト

2011.01.25 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

真月譚 月姫

2011.01.03 Monday 13:01
大人気同人ゲーム(同人ゲームじゃなくなっているはずだったんだが、結局2011年1月現在、同人ゲームのままである)のコミカライズ化。

最終巻の帯には「原作を超えた」とある。
この言葉に偽りはなく、確かに原作を超えている
そう「直接の原作であるアニメ版」は 超えた出来である。「源流の原作である」ゲーム版を超えているかどうかについては、解釈、見方、考え方、受け取り方等々違いがあるのでなんとも言えない(そもそもメディアが絶望的に違うので比較のしようがない。選択肢のないノベルゲームなら比較のしようも多少はあるが)。

しかし、流石に雑誌連載分から1巻追加してまで完結させただけあり、非常にすっきりとした、また納得のいく終わり方である。
特にエピローグとも言える話は非常に哲学的な話となっており、「漫画は一通りの解釈しか出来ない」と言ったどこぞの議員には読んでもらいたいものだ。

ぜひ、この作者には続編を期待したい。

ところで、この作者は「LUNAR ETERNAL BLUE」を遊んだことがあるんじゃないかと思うんだが、どうだろう?
ホラー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2011.01.25 Tuesday 13:01
- | - | - | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://banzokubook.jugem.jp/trackback/9

トラックバック