蛮族 読書漂流記

蛮族 狩男が読書と映画と音楽の世界で迷いまくる七転八倒の日記だよ

スポンサーサイト

2011.01.25 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | - |

とある魔術の禁書目録

2011.01.03 Monday 12:37
1巻だけ読んだ限りでは、非常によく出来た「boy meet girl」の王道的なストーリー。
特にラストは、(かなり読者の斜め上を行く展開の)物悲しい別れのはずなのに、どこか夜想曲のような優しさすら感じる。確かに、この物語が世間に受けているわけがよく分かる。
登場人物も熱血漢の主人公をはじめとして好感が持てる。
続刊を読んでないのでまだ分からないが、この作者の人物造詣に対するスタンスは「本当に悪いやつはいない」ということではなかろうか?

非常に続きが楽しみなので、ちょくちょく読んでみよう。
ファンタジー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

2011.01.25 Tuesday 12:37
- | - | - | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://banzokubook.jugem.jp/trackback/7

トラックバック